アフィリエイト広告を利用しています。 タイヤ タイヤフッド

【2023年版】車のタイヤおすすめランキング!!安心な国産タイヤ?安い輸入タイヤ?

トム
トム

おすすめタイヤをご紹介します!!

本記事では、日本で購入できる国産タイヤ、輸入タイヤをランキング形式でご紹介します。

タイヤの選び方

メーカーで選ぶ

国産・輸入メーカーを含めると、メーカーの数は数十社以上あり、その中でも製品ブランドも含めるとタイヤの種類は数百以上にもなります。評判の良いメーカーにするのか、世界シェア率の高いメーカーにするのか。知名度の高いメーカーにするのか。または、安い輸入メーカーにするのか。メーカーで選ぶにしても選択肢は幅広いです。

世界シェア率

  1. ミシュラン(15%)
  2. ブリヂストン(14.6%)
  3. グッドイヤー(8.2%)
  4. コンチネンタル(6.8%)
  5. 住友ゴム(4.2%)

車種で選ぶ

性能が良いタイヤがあっても、あなたの愛車に取り付けられないこともあります。まずは、あなたの愛車に最適なサイズを確認することが大切です。その上で、相性の良いタイヤを選ぶことも重要です。

乗り心地で選ぶ

タイヤは、車のパーツの中で唯一地面と接するパーツです。そのためタイヤの性能が乗り心地に大きく影響します。タイヤの種類により、クッション性能や静粛性が大きく異なるため、タイヤごとの特徴を理解する必要があります。ロードノイズが気になる人には、ノイズ軽減タイヤを選ぶのもおすすめです。

燃費性能で選ぶ

タイヤを選ぶ際に、「低燃費」を掲げているタイヤを選ぶのもおすすめです。一般的なタイヤと比べて、同じ燃料の量でもより遠くまで走ることができます。さらに、燃費が良くなれば排出するCO2の量も削減できるため、環境負荷の低減にも貢献できます。

ポイント

転がり抵抗を小さくしたタイヤ。路面との摩擦が小さく抑えられ、転がりやすくなっています。

目的で選ぶ

目的で選ぶのも重要です。スポーツ走行をするのか。オフロードで走るのか。目的が異なれば、求められるタイヤの性能、大きさ、表面など全て変わります。だからこそ目的から選ぶことも重要です。

おすすめランキング

ブリヂストン

ブリヂストンの歴史は1930年、日本足袋株式会社のタイヤ部門として発足しました。現在では世界の販売シェアで毎年ナンバー2にランクインしています。国内レースにもタイヤを供給しており、そこから得られるデータや、世界各地の研究拠点で開発されるタイヤの性能は高いです。だからこそ、価格は少し高めですが、寿命や性能など、コストパフォーマンスは高いです。

ポイント

  • NEXTRY (夏用タイヤ)
  • ECOPIA(夏用タイヤ)
  • REGNO(夏用タイヤ)
  • BLIZZAK(冬用タイヤ)

KUMHO TIRE

クムホタイヤは1960年創業の韓国の有名タイヤメーカーです。自動車メーカーへのOEM供給実績もあり、現在では世界180ヵ国以上で販売されるグローバルメーカーです。日本でも40年以上の歴史を持ちます。日本専用設計のスタッドレスタイヤの開発や、2010年導入の日本のラベリング制度(性能表示の規格)にもいち早く対応するなど、日本に合ったタイヤを開発・販売しているのが特徴です。他のタイヤメーカーに比べると安い価格帯から選ぶことができます。

私の愛車にもクムホタイヤを使っていますが、特に問題なく走れています。経済的でおすすめです。

ポイント

  • ECOWING(夏用タイヤ)
  • ECSTA(夏用タイヤ)
  • WINTERCRAFT(冬用タイヤ)
  • WinTer PorTran(冬用タイヤ)

YOKOHAMA

横浜ゴム株式会社は、1917年に日本の横濱電線製造と米国のBFグッドリッチの合弁事業で設立され、1937年にブランド名を「ヨコハマ」へ変更しました。現在の世界シェアは第8位、日本国内シェアは第3位となっています。低燃費タイヤ(エコタイヤとも言う。)の先駆けとなった「DNA」、SUV専用の「GEOLANDAR」など、多彩なブランド展開を行っています。コンパクトカーのタイヤとしては、価格と性能の両方において評価が高いです。

ポイント

  • BlueEarth-4S(オールシーズンタイヤ)
  • ECOS(夏用タイヤ)
  • ADVAN(夏用タイヤ)
  • ice GUARD(冬用タイヤ)

MICHELIN

ミシュランは、1889年創業・フランスの老舗タイヤメーカーです。世界の販売シェアで毎年ナンバーワンを競うタイヤ業界のトップランカーです。ミシュランタイヤの特徴は、「すべての性能を妥協しない」トータルパフォーマンスの高さです。数あるクルマの部品で唯一路面に接する重要なパーツであるタイヤには、様々な性能が求められますが、目的に応じた幅広いラインナップがミシュランの魅力でもあります。あらゆる性能を高い次元でバランスしたタイヤが欲しい方にはおすすめです。

ポイント

  • CROSSCLIMATE(オールシーズンタイヤ)
  • PILOT(夏用タイヤ)
  • ENERGY(夏用タイヤ)
  • X-ICE(冬用タイヤ)

Gislaved

ギスラベットは北欧スウェーデンを代表するタイヤブランドです。日本ではあまり知られていないブランドですが、現在はドイツの老舗タイヤメーカー・コンチネンタルタイヤの傘下にあり、その品質が担保されている点がおすすめポイントです。
コンパクトカーからSUVサイズまで幅広いラインナップが用意されています。

ポイント

  • ULTRA*SPEED(夏用タイヤ)
  • URBAN*SPEED(夏用タイヤ)

タイヤはどこで買う?

最近では、オンラインでタイヤを購入することができます。その方が、安くタイヤを購入できたり、ポイントが多く貯まるなど節約できる場合が多いのでおすすめです。補償の手厚さや、タイヤ交換の手軽さ、タイヤの種類の多さなどからTIREHOOD|タイヤフッドがおすすめです。

TIREHOOD|タイヤフッドは、「タイヤ購入」と「タイヤ交換予約」を一度にできるネットサービスです。あとは予約した店舗に行くだけ

TIREHOOD|タイヤフッドでのタイヤ交換から取り付けまでの流れは以下のようになっています。

タイヤを検索

かんたんタイヤ検索からの検索がおすすめです。車種やメーカーからタイヤサイズを検索できるので、とてもわかりやすいです。

車種・年式・サイズ決定

車種を選択します。 (例:日産ノート)
年式を選択します (例:2020年〜)
タイヤサイズを選択します
タイヤの種類を選択します

タイヤ商品を決定

タイヤ製品を選択します

先ほどの画面で選択肢条件に合うタイヤが表示されます。お好みのタイヤを選びます。なお、在庫切れのタイヤは表示されません。

購入本数・配送先・保証確認

タイヤを選択後、購入するタイヤの本数を選択します。タイヤの配送先も選択します(自宅に配送か店舗交換予約か)。また、パンク保証を3つの中から1つ選択します。

購入する本数、配送先を選択します
パンク保証を選択します

交換店舗検索

交換店舗を検索します
オートバックスはオレンジ色で表示されます

日時の決定

交換希望日時を選択します

注文内容確認

購入内容を確認します

購入手続き(クーポン入力)

クーポンを持っていれば入力を

クーポンを持っていれば、この画面で入力をします。クーポン入力後に割引が適応されていることをご確認ください。

必要事項入力後、"次へ"をクリック

※クーポンを入力後、合計金額に割引が反映されていることをご確認ください。
決済完了後、注文完了メールが届いたら完了です。あとは、予約日時に店舗にクルマで向かえば大丈夫です!!

>>TIREHOOD|タイヤフッド公式サイトはこちらから

タイヤサイズ確認方法

タイヤサイズ確認方法は、主に2つあります。1つは、今装着しているタイヤの側面から読み取る。2つ目は、自動車の公式サイトから読み取る方法です。

タイヤの側面

タイヤの側面には、タイヤの大きさに関する情報が記載されています。下写真のタイヤだと、タイヤの幅が185(mm)、扁平率が70、リム径が14のタイヤです。

タイヤの幅とは地面と接地するタイヤの幅で、リム径はタイヤの内径になります。また、扁平率はタイヤの断面幅(S)に対する断面高さ(H)の比率を表しています。

Q & A

タイヤの寿命は?

タイヤの一般的な寿命は、3〜5年です。しかし車の使用頻度、用途により変わります。日常的に安全点検を行い、危険サインがあれば交換しましょう。

タイヤ交換のサインは?

サマータイヤであれば、溝の深さが1.6mm以下になると、スリップサインと呼ばれるマークが出てきます。スリップサインが出ていたら、すぐに交換してください。

注意!!

スリップサインが出ているタイヤを装着すると整備不良車になり、交通違反として2点、6,000円〜12,000円の反則金が科せられます。

まとめ

おすすめタイヤランキングを以下に掲載していますので、次回タイヤ交換の際の参考になれば幸いです。

おすすめタイヤメーカー

  1. ブリヂストン
  2. KUMHO TIRE
  3. ヨコハマ
  4. ミシュラン
  5. ギスラベット

>>TIREHOOD|タイヤフッド公式サイトはこちらから

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Kou

最近は、レンタカー・カーシェアでドライブに頻繁に出かけています。本サイトは自身の経験を基に情報を発信しています。特にお得な情報や車好きには有益な情報には力を入れて記事にしています。なおレンタカー以外の自動車関連情報も気が向いたときに発信しているので読んでいただけたら嬉しいです。

-タイヤ, タイヤフッド,
-,